省エネ効果の熱放射材や炉内コーティング材なら|日本熱放射材研究所

地球温暖化防止に貢献高放射性コーディング材HRC(Heat Radiation Coating)

ご挨拶

HRC(Heat Radiation Coating)は、
各種工業窯炉の燃料コストの節減を目的として、弊社が独自の技術で研究開発した熱放射性コーティング材です。
HRCを工業窯炉の内壁面に塗布することにより、側壁・天井の放射率が増大されます。
従って、被加熱物が受ける温度が、設定温度よりも高くなり、その分の燃料を低減することが出来ます。
弊社は昭和56年から、国内のみならず海外を含め、数百ラインの実績に基づき、
これからも工業窯炉の省エネルギー及び、地球温暖化の防止に貢献してまいります。

代表取締役 小倉 豊史

省エネルギー効果大の熱放射コーティング材

HRC

使用用途
鉄鋼、金属、非鉄金属、石油化学関係
電気、自動車、窯業関係

省エネルギー効果はそのままに、金属にも塗布可能

HRC(ST)

使用用途
水素ボイラー、発電用集光管、炉内チューブ
集熱版、石油化学関係、各種工業炉の内壁

2018年1月 特許第6273482号 取得

製品の概要

HRCおよびHRC(ST)には使用温度によって、基材の異なった3種類があります

HRC(酸化クロム)
HRCⅡ(還元酸化チタン)
HRCⅢ(炭素ケイ素)

新着情報

2018.08.28 本日、ホームページをリニューアルいたしました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

熱放射材、HRCおよびHRC(ST)のことはお気軽にご連絡ください。

TEL:044-711-9545

FAX:044-712-3113